社員紹介

川口 瑛璃子 プロジェクト部 産業プラント課 2017年入社
大学で様々な国籍の学生たちと一緒に学んだことから視野が広がり、日本の繊細な技術を海外でもっと活かしたいと、商材を自分たちで選んで海外に提供する商社を志望。ボランティア活動の経験からODAに関わる仕事にも関心があった。

仕事紹介発電所建設というビッグプロジェクトが円滑に進むために。

バイオ燃料を含む再生可能エネルギーを取り入れた環境対応型の発電所の建設を推進する企業に対し、多面的なサービスを提供する部署に所属。建設ニーズとお客様のマッチングから始まり、設計、調達、建設を経て発電所が完工・稼働するまでが当社のビジネスで、私は、プロジェクトの進捗状況把握および工程管理を行っています。円滑にプロジェクトを進行させることがミッションであり、全体計画に遅れが生じないように、現場の細部にまで目を配りながら、日々協力メーカーなどと調整を行っています。
また、発電に必要な燃料調達のサポートにも携わっており、その場合、言語による齟齬が生じないように注意を払いながら海外サプライヤーにコンタクトを取っています。

やりがいインプットからアウトプットへ。自分なりの考えを提案。

発電所建設に関することは、もちろん入社してから勉強しているのですが、日々の仕事の中で次々に新しい経験を積むので、それらひとつひとつの業務をやり遂げることで必要な知識やスキルをしっかり身につけるようにしています。まだまだインプットが足りないと思うことの方が多いのですが、営業に異動して約1年。今、何が必要か、何をすべきなのかを考えて行動することで、徐々にアウトプットの機会にも恵まれ、自分なりの考えをお客様に提案できるようになりました。大切なことは“好奇心”を強く持つこと。そして、スピードとクオリティを意識すること。お客様が求めていることを理解し、すぐに行動することで仕事にも私自身にも付加価値がつき、重要な仕事を任せてもらえるようになるのだと思います。

丸紅プロテックスの魅力ずっとお付き合いしたいと思える人たちに出会えた。

建設業許可を取った商社という独自性を持ち、ODAの仕事からプラントの建設、環境ビジネスなど幅広い分野で業務を展開する丸紅プロテックスは、国内外問わず多方面で新たなビジネスの可能性に満ちあふれていると思います。その原動力となっているのはチャレンジ精神にあふれた“人”です。実際に入社して、この会社でよかったと思ったのは、これから何十年たっても、ずっとお付き合いしていたいと思える人たちに出会えたこと。仕事が毎日楽しいと感じるかどうかは職場環境によるところが大きく、楽しいと思えなければやる気も生産性も上がりません。お互い尊敬し信頼し合える関係は簡単に構築できるものではありませんが、毎日、一回りも二回りも目上の方々と関わり、自分の知らない分野を教えてもらいながら楽しく仕事ができているのは、丸紅プロテックスの“人”に魅力があるからだと思います。 丸紅プロテックスの魅力